本文へスキップ
TOP  > 診療科のご案内 > 各種特殊外来  > セカンドオピニオン外来

セカンドオピニオン外来

桐生厚生総合病院におけるインフォームドコンセント:方針と手順

1.説明と同意(インフォームドコンセント)の概念

 「患者さんは医師から充分に説明を受け、患者さんと医療者がともに納得できる医療内容を形成するプロセス」をインフオームドコンセントという。
 患者さんは、自らの健康状態(病状)や受け得る医療行為について必要な説明を受け、十分に理解したうえで、自らが受ける医療行為を決定する権利を有する。医療従事者は、この自己決定権を保証するために必要十分な情報を提供し、アドバイスを与えなければならない。すなわち、インフオームドコンセントは、医学的な合理性の範囲内で患者さんが求める最善の医療を提供し、より効果的な医療の実現を図るための基本的行為である。
 当院では「基本方針」において、「2.患者さん自身で治療が選べるよう、わかりやすく十分に説明します」と定めている。

2.インフォームドコンセントの手順

(1)医師は、診療中の患者に対して、次に掲げる事項等について丁寧に説明しなければならない。

現在の症状及び診断病名
予後
処置及び治療の方針
処方する薬剤について、薬剤名、服用方法、効能及び特に注意を要する副作用
代替的治療法がある場合には、その内容及び利害得失(患者が負担すべき費用が大きく異なる場合にはそれぞれの場合の費用を含む。)
手術や侵襲的な検査を行う場合には、その概要(執刀者及び助手の氏名を含む)、危険性、実施しない場合の危険性及び合併症の有無
治療目的以外に、臨床試験や研究などの他の目的も有する場合には、その旨及び目的の内容
セカンドオピニオンを得ることも可能であることの説明

(2)患者が「知らないでいたい希望」を表明した場合には、これを尊重しなければならない。

(3)インフォームドコンセント(説明と同意)の実施

 インフォームドコンセントは、患者との良好なコミュニケーションのもとに主治医が患者に対して充分な説明(情報の開示)を行い、この際患者や家族に質問の機会を与えながら充分時間をかけて行う。また、複数の診療科で医療を行う場合は、医師及び診療科が合同で一貫性を保った情報提供を行う。セカンドオピニオンを求めることができることを説明する。なお、説明にあたっては、原則として看護師が同席する。

(4)患者が意志決定できない場合

 主治医は、患者が未成年、或いは心身障害のために判断能力がない場合や署名不能の場合は、患者に代わって最も適切な最近親者(配偶者、父母、同居の子供など)又は後見人や扶養義務者に説明し同意を得る。

(5)先進医療、高度医療を行う場合

 一般的でない医療、或いは充分な治療成績が得られていない医療を行う場合には、ヘルシンキ宣言の倫理規定から逸脱することなく、臨床倫理委員会に諮り承認を得る。

(6)説明書及び承諾書

 手術、麻酔、検査、処置、治療法(院内製剤も含む)などの身体に侵襲を与える行為を行う場合は、説明書及び承諾書を必ず作成する。
 説明は、同席者と共に行い、説明者、同席者、承諾者が署名を行い、控えを承諾者に渡す。
 病院保存の承諾書は患者個別ファイルに保存し、電子カルテにスキャナ取り込みする。

 説明書には、下記の項目が必要である。

現在の診断名、重症度、原因
予定している手術、麻酔、検査、処置、治療法の名称と方法
上記により期待される効果と限界
予測される合併症と危険性
予測できない偶発症の可能性とそれに対する対応策
実施しない場合に予測される症状の推移と可能な他の治療法

3.セカンドオピニオン

(1)セカンドオピニオンの必要性

 医師は自分が最もよいと思う方針を患者さんに勧める。しかし別の立場の医師からも意見を聞けば、治療法について具体的な比較ができ、より適した治療法を患者さん自身が選択することができる。当院では十分な説明と同意(インフォームド・コンセント)に加え、よりよい治療法を患者さん自身が選択できるように、セカンドオピニオンを積極的に勧める。
 また、他院からセカンドオピニオンの依頼があった場合は手順に従って受け入れる。

(2)セカンドオピニオンの手順

当院の他科の医師への紹介
患者さんから要望があった場合には、「医師診療・指示マニュアル:XVIII院内対診について」に従い、電子カルテに詳細を記入して紹介する。
他院の医師への紹介
患者さんから要望があった場合には、詳細な紹介状及び検査所見・画像などの必要な資料を速やかに作成し、提供する。
紹介先病院のセカンドオピニオン外来の情報・予約については、地域医療連携室が患者さんの相談に応じ、紹介先病院に連絡する。
他院から当院医師へのセカンドオピニオンの紹介
他院から紹介があった場合には、地域医療連携室は、あらかじめ決められた「セカンドオピニオン外来」の予約枠に予約を入れる。
地域医療連携室は担当医に紹介があったことを連絡しておく。

セカンドオピニオンを受けるには

■当院へのセカンドオピニオン依頼について

(新たな検査や治療は行わず、患者さんからのお話や主治医からの提供された資料の範囲で意見や助言をさせていただきますので、検査結果等が必要になります。)

1.提供している診療科、担当医師及び日時等
別紙「セカンドオピニオン外来・担当医表」をご覧ください。
2.受診できる方 次のいずれかに該当する方が対象になります。
①患者さんご本人
②患者さんの同意を得たご家族(要 同意書)
患者さんが18歳未満の場合は、必ずしも同意書は必要としませんが、続柄を確認できる書類(健康保険証など)をお持ちください。
桐生厚生総合病院のセカンドオピニオン外来での相談のための同意書(PDF形式)
3.相談内容 ①現在の診断や治療に対する意見の提供
②今後の治療方法や見通しに関する意見の提供
4.受診できない場合
患者さんやご家族以外からの相談
(ご家族でも、患者さんの同意書をお持ちいただけない場合)
主治医に対する医療苦情、医療過誤、医療訴訟に関する相談の場合
③当院での治療などの診療を希望する場合
④当院への転医、転院を希望する場合
⑤死亡した患者さんを対象とする場合
⑥主治医の了承が得られない場合
5.相談時間 1人1回1時間以内
 (お持ちいただいた資料を担当医が拝見する時間も含まれます。)
6.費  用 自費扱いとなります。(健康保険の適用にはなりません)
診察1回につき    10,800円(税込)
※お問い合わせや予約には料金はかかりません。
7.受診当日持参いただくもの
診療情報提供書(紹介状)
臨床データ(血液検査等)
画像(CT/MRIなどのフィルム等)
その他、主治医から提供していただいた資料
保険証(カルテ作成のため)
※患者さんが来院できず、ご家族だけで相談を受けられる場合は、患者さんの「同意書」と患者さんとの続柄が確認できる証明が必要となります。
8.受付方法
診療の特性等から「完全予約制」です。
事前に電話でお問い合わせください。
◎受付日時:月~金曜日9:00~17:00
      (土、日、祝日及び12月29日~1月3日を除く。)
◎受付担当:地域医療連携室(Tel 0277-44-7150:直通)
  患者さんのご予定、用意いただきたい書類などを確認させていただきます。
  担当医と確認後、予約日を連絡させていただきますが、予約日より前に診療情報提供書等をお願いする場合がありますので、ご了承ください。
9.受診日当日の受付
予約時間の少し前に、当院1階総合受付8番「紹介患者専用受付」で、「セカンドオピニオン外来受診」とお申し出ください。
注) ご持参いただきました「診療情報提供書」は、当該文書を電子カルテにスキャナ取り込みする理由により、受付の職員が開封させていただきますこと、ご了承ください。
10.そ の 他
治療や保険診療をご希望される場合は、セカンドオピニオンに該当しませんので、一般外来に受診をお勧めします。
11.がん診療等に関する総合相談窓口
◎窓  口: 相談支援センター(1階キャシュコーナー横 正面玄関を入って右)
Tel 0277-44-7165
◎受付日時: 月~金曜日8:45~17:30
(土、日、祝日及び12月29日~1月3日を除く。)
◎相談費用:無料
◎事前予約:不要
◎相談内容: がんの病気に対する標準治療法など、がん治療の一般的医療情報の提供
患者さんの療養上の相談、治療に関する悩み相談
地域の他の医療機関や、かかりつけ医に関する情報提供など
セカンドオピニオン外来の受診に関する案内
12.問い合わせ先 地域医療連携室(Tel 0277-44-7150)

セカンドオピニオン外来・担当医表

平成30年4月1日現在
診療科 担当医師 診療場所 曜 日 時  間
小児科 大木 康史 外来診察室 担当医と別途日程調整
外科 (消化器・乳) 待木 雄一 外来診察室 14:00~15:00
(消化器・乳) 広松 孝 外来診察室 14:00~15:00
脳神経外科 曲澤 聡 外来診察室 15:00~16:00
呼吸器外科 田嶋 公平 外来診察室 9:00~12:00
皮膚科 岡田 克之 外来診察室 16:30~17:30
泌尿器科 上井 崇智 外来診察室 担当医と別途日程調整
眼科 丸山 泰弘 外来診察室 16:00~17:00
田村 明洋 外来診察室 16:00~17:00
麻酔科 佐藤 淳 地域医療連携室
相談室(1階)
10:00~11:00
放射線科 高橋 満弘 外来診察室 15:00~16:00
村松 博之 外来診察室 11:00~12:00
歯科・歯科口腔外科 今井 正之 外来診察室 16:30~17:30
緩和ケア内科 待木 雄一 外来診察室 担当医と別途日程調整

桐生厚生総合病院のセカンドオピニオン外来の主な流れ

■他院でセカンドオピニオンを受けるには

 当院を受診(入院)中の患者さんで、他院でのセカンドオピニオンを希望される方は、遠慮なく主治医や相談支援センターなどへお申し出ください。診療情報提供書(紹介状)、検査、画像など必要なデータをご用意いたします。

※セカンドオピニオン外来の受診に関するご案内につきましては、
 当院「相談支援センター(Tel. 0277-44-7165)」でお受けしております。