本文へスキップ
TOP  > 高度特殊関連施設  > 感染症医療

感染症医療

感染症医療

 平成11年4月からの感染症新法の施行により、第2種感染症医療機関として指定され、感染症病床を4床有しております。

 対象疾患は、急性灰白髄炎(ポリオ)、結核、ジフテリア、重症急性呼吸器症候群(病原体がSARSコロナウィルスに限る)の2類感染症で、当該疾病に罹患した患者さんを一般の入院患者さんと区分して治療にあたります。