本文へスキップ
TOP  > 主な医療機器  > 放射線科  > 循環器撮影装置(心臓カテーテル検査装置)

放射線科 循環器撮影装置(心臓カテーテル検査装置)

循環器撮影装置(心臓カテーテル検査装置)


心臓カテーテル検査装置

操作卓

  • 心臓カテーテル検査をはじめ、ペースメーカー植え込み、大血管、抹消血管まで全身をカバーする
    新規X線血管撮影装置『Artis one(アーティス・ワン)』です。
  • 心臓血管、下肢血管、透析用シャントなど鮮明に観察し、血栓・狭窄・塞栓等、血管内手術をサポートします。
  • 従来の装置では複数回角度を変え、角度ごとに造影剤を注入し撮影していましたが、新規装置Artis oneでは、
    左冠動脈または右冠動脈の診断に必要な画像が1回の造影、1回の撮影で得られるため、造影剤量と被ばくの低減に寄与します。
    『Heart Sweep(ハート・スウィープ)』
    また、冠動脈ステント留置の位置決めにおいて高画質でクリアなステント強調画像が得られます。
    『CLEAR stent(クリア・ステント)』
    さらに、リアルタイムでもステントの位置や形状を鮮明に捉えるため、ステントを追加する手技等で有用です。
    『CLEAR stent Live(クリア・ステント・ライブ)』
  • 新規装置導入(2017年10月17日稼働開始)により、低被ばくでありながら高精細な高画質が得られるようになり、
    さらに的確な診断・治療が可能となりました。