本文へスキップ
TOP  > 看護部  > 病棟紹介  > 外来

病棟紹介

病棟紹介 外来

外来

Q.部署を紹介してください。

 外来は、救急治療室、内視鏡室、化学療法・注射室、各科で構成されています。各部署で協力し、24時間体制で緊急内視鏡や心臓カテーテル検査に対応しています。また、化学療法室では、認定看護師が中心となり、通院で化学療法を受ける患者さんの不安や苦痛が最小限になるよう、体調をきめ細やかに観察し、できるだけ副作用が少なくなるよう努めています。各科外来では、病棟と連携を図りながら継続した看護を提供しています。

Q.看護を行う上で心掛けていることは何ですか?

 外来は、患者さんと接する時間が限られています。そのため、わかり易くお話しする事や話す時の表情・態度に注意をしています。不明な点は遠慮なく質問して頂き、安心して過ごして頂ける様に心掛けています。
 また、患者さんと情報を共有・共感することを常に考えています。

Q.多職種との連携はどのように図っていますか?

 私は救急外来や循環器系の治療などで、多職種の方と関わる事が多いです。最初は連携に悩んだ時期もありました。しかし最近では、互いに信頼しあえる関係が築けるよう、多くの職種の方とコミュニケーションを図り、時には呑みニケーションでも親睦を図るようにしています。