本文へスキップ
TOP  > 外科・血管外科  > あらまし

外科・血管外科

桐生厚生総合病院外科・血管外科のあらまし

診療圏として群馬県東毛地区(桐生市・みどり市・太田市・伊勢崎市・前橋市の一部)・栃木県の一部地域(足利市)をカバーしています。

名古屋大学医学部腫瘍外科学教室の関連施設としても診療しています。
したがって専門領域としては腫瘍外科(消化器外科・乳腺外科)ですが、それ以外の一般外科(良性疾患:胆石症・ヘルニア・小児外科・腹部外傷など)にも広く対応しています。

スタッフは研鑽過程で大学病院のみならず、全国的にも有数の症例豊富な基幹病院とその救命救急センター(安城更生病院豊橋市民病院名古屋第2赤十字病院名古屋掖済会病院、など)あるいはがん治療の専門施設として知られている癌研病院(東京)国立がんセンター中央病院(東京)でのトレーニングを積んできています。そのネットワークを生かして日常診療においてもそれらのスタッフと情報を交換しながら診療にあたっています。

一昨年から群馬県でもようやく必修となった研修医の卒後ローテート研修をいち早く取り入れた市中病院でスタッフ全員が研修を修了しています。群馬県内の他の病院と異なり全員がローテート研修を経験し、現在その重要性が強調されているプライマリーケアを充分習得しています。

これらの豊富なキャリアを生かして、当科では各臓器の高度で専門的な治療水準を維持しながら、外科のみならず内科、産婦人科、麻酔科、救急、小児科での研修経験を臨床に反映させた、専門性に偏ることのない、プライマリーケアと全身管理を重視したバランスのよい、全人的な医療を心がけ、群馬県・栃木県内の近隣の病院にはない特色ある外科治療を提供しています。

常勤スタッフは桐生市内に居住しているので、豊富な人員で24時間365日リアルタイムで迅速に対応出来る体制が整っています。