本文へスキップ
TOP  > 外科・血管外科  > 各臓器の治療

外科・血管外科

桐生厚生総合病院外科・血管外科で行っている各臓器の治療について

消化管

桐生厚生総合病院外科は、胃がん・大腸がんの治療において群馬県内でも最高レベルの手術件数の実績があります。近年は術後の生活の質を考慮した機能温存手術、腹腔鏡下手術・内視鏡下手術にも力を入れています。

  1. 胃がん(胃癌)
    早期症例に対する神経温存手術・腹腔鏡補助下手術による侵襲の軽減、術後の再建法の工夫(胃切除術におけるRoux-en-Y法など)とクリニカルパスとの組み合わせにより入院日数の短縮、術後生活の向上に努めており良好な結果を得ています。
  2. 大腸がん(大腸癌)(結腸癌・直腸癌)
    群馬県内でも近年増加傾向が著しく、近年治療法も徐々に変化してきています。
    桐生厚生総合病院外科では体への負担の少ない腹腔鏡下手術を積極的に導入しています。
    また肛門温存、神経温存手術にも積極的に取り組んでいます。
    胃と同様クリニカルパスを導入しています。
  3. 食道がん(食道癌)
    地域の特性として食道がんが比較的多く、それに対する外科治療(手術治療)では以前より相当数の実績があります。近年は手術療法のみならず化学療法(抗がん剤)・放射線療法を併用した集学的治療にも力をいれており放射線科・内科とも連携して治療しています。
  4. 良性疾患
    長期療養を要する炎症性腸疾患等の治療、逆に緊急性を要する腹膜炎・腸閉塞等の治療にも即座に対応し、幅広くかつ柔軟に受け入れが可能な体制となっています。

肝胆膵

桐生厚生総合病院外科の肝胆膵外科領域の治療は日本でもトップレベルの治療実績と成績を誇る名古屋大学医学部腫瘍外科(旧第一外科)でのスタッフの研鑽と関連を持つことにより、群馬県内の他施設に負けない高水準の治療を提供しています。

  1. 肝臓がん(肝臓癌)
    肝細胞がんに対する手術治療(肝切除術)を積極的に行っています。
    近年ラジオ波による治療(RFA)等の内科的治療がより良好な成績を示しているので肝細胞がんの治療を得意とし肝臓専門医を多数擁する当院内科肝臓グループスタッフと綿密な連携を持ちながら集学的治療(内科的治療と外科的治療の組み合わせ)を行うことにより難治例にも対応できています。
  2. 胆道がん(胆道癌)(肝門部胆管癌・中下部胆管癌・胆のう癌)
    胆道がんは手術が唯一根治性が期待されるがんです。しかしその手術は侵襲が大きくなります。
    当科は肝門部胆管癌では世界一の手術件数を誇る名古屋大学腫瘍外科学教室の関連施設として肝門部胆管癌をはじめ中下部胆管癌・胆嚢癌の治療を積極的に行っており、群馬県内でもトップクラスの症例数を積極的に切除する方針で治療しています。
    術前より慎重な肝機能の評価、適切な術前処置(門脈塞栓術等)と最新の術後管理(栄養、胆汁還元等による免疫能の管理)をベースに進行胆道がん症例に対しても非常に侵襲の大きい高度な手術治療(血管合併切除を要する大量肝切除術など)を系統的に行っています。
  3. 膵臓がん(膵臓癌)
    膵頭部領域の悪性疾患に対する手術(膵頭十二指腸切除術)は群馬県内でもトップクラスの手術件数を誇っています。
    血管合併切除を行うことにより高度進行の切除困難例に対しても可能な限りの手術療法を試みています。
    時代の推移とともに術式を工夫しながら最新の術式・再建方法を心がけています。
  4. 良性疾患
    最も頻度の高い疾患である胆石・胆のう炎に対しては腹腔鏡下(内視鏡下)手術を標準術式として以前より採用し充分な実績を持っています。
    胆管炎・胆のう炎の治療は標準化を考慮し急性胆管炎・胆嚢炎の診療ガイドラインに準じた治療を行っています。

乳腺

乳がんは近年増加傾向にあります。ガイドラインとインフォームドコンセントを重視し、皆さんが納得できる治療を提供するよう心がけています。また放射線科・婦人科とも連携し、全ての治療が効率よく一貫して行える環境を整えています。

乳がん(乳癌)の治療では手術だけではなく、放射線治療・化学療法(抗がん剤治療)・ホルモン療法を病状に合わせて組み合わせる集学的治療が重要です。
外科だけの治療ではなく、放射線科による放射線治療・他の婦人科疾患のチェック(子宮がんなど)も治療上重要になります。
桐生厚生総合病院はそれら全てに対応できる環境を整えて治療にあたっています。

乳がん(乳癌)の治療として乳房温存手術も積極的に取り入れています。
その場合、手術後の放射線治療を考慮する必要がありますが、桐生厚生総合病院は放射線治療施設があり放射線治療医師も常勤していますので、乳がんに関する全ての治療が一貫して行える環境を整えた群馬県東毛地区の基幹施設です。
術後の補助療法の通院を考えるうえで地域の方の利便性においても喜ばれています。
また、乳がん治療に際して注意が必要である婦人科疾患(ホルモン療法に伴う副作用:更年期様の症状・子宮がんなど)のチェックも当院婦人科と連携し万全の体制を整えています。

診断においても、乳がんの早期診断における重要性がいわれているマンモグラフィーの撮影装置を昨年デジタル式の最新の機種に更新しました。同時に開始されたマンモグラフィー検診は認定読影医が担当し万全の体制を整えています。

今後乳腺外来の新設も予定しており、より一貫性の高い診療を目指します。

最近普及しつつあるセンチネルリンパ節生検、術前化学療法も順次導入する予定です。

乳がん(乳癌)のみならず、全ての乳腺疾患に対応しています。

小児外科

最も多いそ径ヘルニアから腸重積といった緊急性を要する手術まで幅広く対応しています。

クリニカルパスを導入することにより入院期間の短縮を進め、付き添う家族の負担を少なくするように努めています。

一般外科

内分泌外科・ヘルニア・痔核手術にも対応します。

  1. 甲状腺・副甲状腺
    外科治療の対象になることは多くありませんが、手術が必要と判断される場合当科で手術を行っています。食道がん等の頸部の手術での豊富な経験を基礎に頸部の解剖に熟知したスタッフが安全な手術を行っています。
  2. ヘルニア
    最も多いそ径ヘルニアに対しては、メッシュ(人工物)による補強を行う術式(メッシュ法)を採用し、良好な成績を得ています。またクリニカルパスの導入により入院期間の短縮も進み、負担の少ない治療を目指しています。
  3. 緊急性を要するかん頓例(時間が経過すると腸管が壊死するような例)も24時間365日緊急手術が可能な体制を整えています。
  4. 肛門疾患(痔核など)
    内外痔核・痔ろうの治療も対応しています。近くの医療機関で対応に苦慮するような肛門周囲膿瘍の処置等にも紹介していただくことにより常時対応しています。