本文へスキップ
TOP  > 外科・血管外科  > 診療の概要

外科・血管外科

診療の概要

消化器・乳腺・血管・小児外科・一般外科疾患に対する外科治療を担当しています。

  1. 悪性新生物(いわゆるがん治療)から良性疾患まで幅広く対応しています。
  2. 当院は群馬県がん診療連携拠点病院・日本がん治療認定医機構認定研修施設の指定を受け、群馬県東毛地区のがん診療の中心を担っています。桐生厚生総合病院外科は胃がん(胃癌)、大腸がん(大腸癌:結腸癌・直腸癌)、肝臓がん(肝臓癌)、胆道がん(胆道癌:肝門部胆管癌・中下部胆管癌・胆のう癌)、膵臓がん(膵臓癌)、食道がん(食道癌)、乳がん(乳癌)に対する高度な外科治療を提供している群馬県のがん治療の基幹病院です。
  3. 背景人口の高齢化に伴い、高齢者の手術数も増加しています。病気の高度進行例もまだ少なくないのが実情ですが、当科では術前の丁寧な評価と慎重な術後管理により、安全でかつ積極的な外科治療(手術治療)を提供するよう心がけています。
  4. 治療法は各臓器で示されているガイドラインをもとにご本人と家族の方との充分なインフォームドコンセントを経て決定しています。またセカンドオピニオンにも積極的に対応しています。
  5. 手術前・手術後の化学療法(胃がん・大腸がん・肝臓がん・胆管がん・胆のう癌・膵臓がん・食道がん・乳がん等の抗がん剤治療)は当科と内科と協力して行っており、日本臨床腫瘍学会暫定指導医のもと院内化学療法委員会の基準に従った標準化した化学療法を行っています。
  6. 外科単独ではなく他科との連携も重視しています。内科と定期的に合同カンファレンスによる症例検討を行っています。また院内で積極的に活動しているNST(栄養サポートチーム)、緩和ケアチーム、RST(呼吸サポートチーム)等と密接な連携を取りながら治療にあたっています。
  7. 悪性疾患のみならず、急性疾患・救急疾患(急性虫垂炎、胆のう炎、腹膜炎、交通外傷等)にも常時対応し、群馬県東毛地区(桐生市・みどり市・太田市・伊勢崎市・前橋市の一部)・栃木県の一部地域(足利市)における24時間365日救急患者の受け入れと緊急手術が可能な体制を整えています。
  8. 多くの疾患でクリニカルパスを積極的に導入し治療の標準化を目指しています。
  9. 病診連携を活用し地域(桐生市・みどり市・太田市・伊勢崎市・足利市・前橋市の一部)の開業医先生方と連携しながら円滑な治療を心がけています。紹介患者様の診療・治療は常時対応可能となっています。
  10. 癌治療の問題でもある治療の一貫性に関しては、がん診療連携拠点病院・日本がん治療認定医機構認定研修施設として、すべてのがん治療=診断・外科治療・放射線治療・化学療法・リハビリテーション・再発治療・終末期医療(緩和医療・在宅医療)に対応しています。

施設の概要

病床数(外科): 57床
( 5階病棟:57床)

常勤医師:8名
臨床研修医:数名
詳しくはスタッフの紹介

桐生厚生病院外科における消化器癌・乳癌手術件数(10年間)
  2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011
胃切除 42 53 52 35 36 25 34 23(2) 31(3) 28(5)
胃全摘 24 37 20 31 24 23 12 13 22 14
結腸切除 64 78 63 69 76 72 62(17) 51(18) 56(17) 54(14)
直腸切除・切断 44 48 45 57 37 29 40(5) 40(8) 41(11) 36(13)
乳房切除・温存 37 38 34 47 29 24 35 32 37 36
食道切除 11 7 10 5 7 6 1 6 2 3
膵切除(PD, PS) 19 10 17 12 19 14 10 9 13 10
肝切除 28 25 29 15 10 23 28 24 19 13
胆道悪性 2 1 1 7 7 2 3 4 4 1
(  )内は腹腔鏡下手術