本文へスキップ
TOP  > 外科・血管外科  > NCDデータベース事業

外科・血管外科

桐生厚生総合病院で手術などの外科的治療を受けられる患者様へ

桐生厚生総合病院では、『一般社団法人National Clinical Database』のNCDデータベース事業に参加しており、平成23年1月より当院で手術を受けられた患者さんの手術データを登録させていただいています。 NCDは、外科医の適正配置、質の向上、外科専門医のあり方、外科手術の体系的把握を目的に、日本外科学会を中心とした各学会が、専門医制度と連携した外 科症例登録を行うこととなりました。登録のために独立機関として一般社団法人National Clinical Database (日本臨床データベース機構, NCD)が設立され、データ登録などの管理運営が行われます。

診療科

  1. 外科、消化器外科、乳腺外科
  2. 呼吸器外科
  3. 心臓・血管外科

学会・専門医制度との連携

  • 日本外科学会:外科専門医
  • 日本消化器外科学会、日本肝胆膵外科学会、日本食道学会、日本胃がん学会、大腸がん研究会、日本肝がん研究会、日本膵臓学会、日本内視鏡外科学会、日本腹部救急医学会:消化器外科専門医
  • 日本内分泌外科学会:内分泌・甲状腺外科専門医
  • 日本乳腺学会:乳腺専門医
  • 日本胸部外科学会、日本呼吸器外科学会:呼吸器外科専門医
  • 日本胸部外科学会、日本心臓血管外科学会、日本血管外科学会:心臓血管外科専門医

データについて

  1. 登録対象のデータ:平成23年1月1日以降、上記各診療科で行なわれた手術と治療に関する情報。
  2. データの登録方法:各施設の診療科の診療科長とNCDにより認証を受けている登録担当医および事務登録選任者によりウェブサイトを通じて行ないます。
  3. データの取り扱いに関する倫理的配慮:データベースには患者さま個別に付されたIDを用いて入力します。従って、患者さまの氏名より個人情報の漏洩につながることはありません。収集されたデータはNCDの利用規則に従って厳重に管理されます。

本事業への参加は、患者さんの自由な意思に基づくものであり、参加されたくない場合は、データ登録を拒否して頂くことができます。なお、登録を希望されなかったことで、日常の診療等において患者さんが 不利益を被ることは一切ございませんのでお気軽にご相談下さい。

説明文書

NCDからの本データベース事業についての説明文書(PDF)です。