本文へスキップ
TOP  > ESCO事業  > ESCO事業について

ESCO事業

ESCO 事業について

1.ESCO事業とは

Energy Service COmpany」の略称

  • 省エネルギ-を実現し、そのメリットから利益を得る成功報酬型ビジネス。
  • 大型改修工事を計画しても資金調達が困難で、なおかつ省エネを考慮した場合、問題を解決する手法として期待が高い。
  • 省エネに係る全ての経費(建設費、金利、事業者の経費等)を省エネで実現する経費削減分で賄う。
  • ESCO事業は光熱水費、保守料等の削減分で全ての改修経費を賄うことから、新たな財源支出を必要としない。
  • ESCO業者が省エネ効果を保証すると同時に病院の利益を保証する。省エネ効果が得られなかった場合、業者は病院の損失を補填する。

2.ESCO事業の契約方式

 ESCO業者と病院が締結する契約には、病院が資金調達するギャランティ-ド・セイビングス契約とESCO業者が調達するシェア-ド・セイビングス契約の2種類の形態があり、病院は財政状況を考慮し、後者を選択する。

3.ESCO事業採用の経緯

 当院はエネルギ-使用量が重油換算で3,000ℓ以上使用の「第1種エネルギ-管理指定工場」となっており、経済産業局よりエネルギ-の削減要請が毎年来るが、大きく削減する策が取れずにいた。そこで、現在の光熱水費を原資として、削減された光熱水費分を建設改良工事費や設備保守料等の支払いにあて、経年劣化が進むボイラ-や冷凍機等の熱源・空調設備の更新や照明器具の高効率化を進め、大幅な省エネを目指しESCO事業を採用とした。

4.ESCO事業の経過

平成22年 3月 3日  最優秀提案を選出 ◆審査委員会名簿は別掲載
  ◇省エネ率、投資額、工事期間等を主な理由として選出
平成22年 3月30日  東京電力より支援金の決定
  ◇環境配慮型高効率熱源導入支援制度
平成22年 5月10日  独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)より事業補助金の決定
  ◇住宅、建築物高効率エネルギーシステム導入促進事業補助金 (建築物に係るもの)
平成22年 9月 1日  契約締結
  ◇委託者  桐生地域医療組合(桐生厚生総合病院)
  ◇受託者  桐生瓦斯(株)・(株)山武(現(株)アズヴィル)・芙蓉総合リース(株)
平成22年 9月上旬 改修工事開始 (省エネ8手法)
平成22年12月下旬 改修工事終了
平成22年12月下旬~平成23年3月 改修工事の調整、確認、修正等
平成23年 3月31日 改修設備引渡し
平成23年 4月1日 ESCO事業開始

5.ESCO契約内容

(ア)経費・契約期間
 (1)ESCO事業経費          257,300,000円 (税込)
 (2)契約期間             9年

(イ)削減率・額(包括的エネルギー契約書からの抜粋)

項 目 一次エネルギー削減率(%) CO2削減率(%) 年間削減額(円)
電 気 4.6       3.7    7,913,358 
ガ ス 23.6       27.5    31,553,278 
水 道 0.0       0.4    2,008,417 
28.2       31.6    41,475,053 

※ 年間削減予定額はH18~20年度の各平均契約単価により算出。

(ウ)削減保証基準・ESCOサービス料

項 目 金 額(円/年) 備  考
年間削減保証基準額 36,115,361 ESCO業者が削減を保証する基準額
年間ESCOサービス料 35,007,000 削減額が保証基準を上回った場合の支払限度額

※ 年間削減保証基準額はH18~20年度の各平均契約単価により算出。
※ ESCOサービス料は消費税率引き上げによりH26.4より36,007,200円に変更。

(エ)ESCOサービス料

(1)光熱水費の使用量が改修前より増加(改善なし)した場合 ・・・ サービス料は支払わない
(2)実削減量が削減保証基準量を下回った場合 ・・・ (支払額算出式)ESCOサービス料
    =支払限度額-{(削減保証基準額-実削減額)+ 保証利益額(1,108,361円)}
(3)実削量が削減保証基準量を上回った場合 ・・・ 定額 36,007,200円 (支払限度額)

(オ)省エネ手法 (主な手法を抜粋)

(1)空調設備(熱源システム)の再構築

  • 炉筒煙管ボイラ(4.8t×3台)→貫流ボイラ(2.0t×4台、1.2t×2台)に更新 ◇写真は別掲載
  • 蒸気吸収式冷凍機(400RT×3台)→蒸気吸収式冷凍機(400RT×2台、インバータターボ冷凍機200RT×1台)
    ◇写真は別掲載

(2)照明器具等の高効率化

  • 省エネタイプのHf照明器具(安定器+Hf管)及びLEDライトに交換する。併せて蛍光型誘導灯をLEDライト型に交換する。

(3)節水型水栓の導入

  • トイレの手洗、大小便器、病室内洗面所等に節水型水栓を取り付ける。
※上記を含め8手法の省エネ工事を実施。

6.平成29年度 ESCO事業の概況

 事業削減達成率は平成23年度が89.3%、24年度が94.5%、25年度が98.8%、26年度が103.9%、27年度が110.1%、28年度が109.3%、29年度が109.5%(前述⑤-(イ)の削減額を100%として)となりました。また、前年比で電気使用量は増、ガス、水道の使用量は減となりましたが、1次エネルギ-の削減量は前年と同じ、CO2の削減量はやや改善となりました。その要因を考察しますと、
 ①電気使用量の増。28年度に高精度放射線治療装置と29年度に心血管撮影システムが出力の大きな機器へ更新となり、併せてその装置の冷房機器が増設となりました。また、3月に100RTの蒸気吸収式冷凍装置(ガス使用)が故障し、約2週の間、ターボ冷凍機(電気使用)が代用運転となったこと等が電気の増(前年比+1.31%)に繋がりました。
 ②不安定な天候。29年度は前年と比べ平均気温が低い月が春と秋に多く、その月はガスの削減となりましたが、7月が非常に暑く、12月~2月にかけて低温となりこの4ヶ月が増加に転じ、3月が非常に暖かく、最終的に使用量の減(前年比△5.24%)となりました。水道は冬場の寒さによる凍結となり井水が使用できない時期も若干ありましたが減(前年比△2.13%)となりました。
 支払い額を見ると、電気は調整額の減額が進み104,184,437円、前年比+5.07%(約500万円)、ガスも調整額の減額が進みましたが削減量がそれを上回り52,348,418円、前年比△1.00%(約50万円)の減、水道料は使用量の減もあり14,264,548円、前年比△4.73%(約70万円)の減となりました。

7.ESCO事業の検証 (平成22年度は事業前、平成23年度以降は事業後)

(ア)光熱水使用量比較 (併設の特別支援学校を含む)

項目(単位) 電気(kw) ガス(m3) 水道(m3)
平成22年度 7,075,355 1,145,166 102,098
平成23年度 6,270,097 771,020 80,747
平成24年度 5,934,891 791,319 84,874
平成25年度 5,959,093 752,445 96,465
平成26年度 5,893,870 717,466 83,352
平成27年度 5,712,730 671,019 86,062
平成28年度 5,547,761 719,715 84,368
平成29年度 5,620,434 682,006 82,526

※使用量の単純比較

(イ)光熱水使用量削減率比較  (各年度/22年度)

項目(単位) 電気(kw) ガス(m3) 水道(m3)
平成22年度 - - -
平成23年度 △ 11.38 △ 32.67 △ 20.91
平成24年度 △ 16.12 △ 30.90 △ 16.87
平成25年度 △ 15.78 △ 34.29 △ 5.52
平成26年度 △ 16.70 △ 37.35 △ 18.36
平成27年度 △ 19.26 △ 41.40 △ 15.71
平成28年度 △ 21.59 △ 37.15 △ 17.37
平成29年度 △ 20.56 △ 40.44 △ 19.17

※(ア)表から計算

(ウ)支払額比較 (22年度当時の単価(支払額÷使用量)で各年度を試算した額)

項目(単位) 電気(kw) ガス(m3) 水道(m3) 支払額(円) 22年度との差額
平成22年度 7,075,355 1,145,166 102,098 181,750,437
平成23年度 6,270,097 771,020 80,747 146,108,991 △ 35,641,446
平成24年度 5,934,891 791,319 84,874 143,146,127 △ 38,604,310
平成25年度 5,959,093 752,445 96,465 143,466,677 △ 38,283,760
平成26年度 5,893,870 717,466 83,352 138,283,858 △ 43,466,579
平成27年度 5,712,730 671,019 86,062 133,658,064 △ 48,092,373
平成28年度 5,547,761 719,715 84,368 133,628,560 △ 48,121,877
平成29年度 5,620,434 682,006 82,526 132,296,294 △ 49,454,143

※ ESCOサービス料 23~25年度 35,007,000円/年  26~28年度 36,007,200円
★平成23~25年度の削減分はサービス料の約3,500万円を、26~28年度の約3,600万円を上回っています。支払額は原料調整額が毎年異なるため、22年との差額はあくまでも参考値となります。

ドラム缶換算 (29-28年度比較)

-算出計算式-     -29年度算出計算式-   -28年度算出計算式-
一次エネルギー削減量   35,458.2  GJ/年   35,458,2  GJ/年
原油換算係数   0.0258  kl/GJ   0.0258  kl/GJ
原油換算 ③=①×②   914.8  kl/年   914.8  kl/年
ドラム缶 ④=③÷0.2   4,574.1  本/年   4,574.1  本/年
項目 29年度 a 28年度 b 比較 a/b
ドラム缶換算量 4,574.1 缶 4,574.1 缶 1.00

※ドラム缶 1本 200リットル=0.2kL
※系数の根拠:浦和地方庁舎ESCO事業『省エネ・CO2削減実績について』の係数を使用
★平成29年度分で削減した一次エネルギ-量はドラム缶で約4,574缶分に相当します。
 - 参考 - H27年度・5,220缶  H26年度・5,013缶  H25年度・4,561缶  H24年度・4,300缶
        H23年度・4,049缶

面積換算 (桐生厚生総合病院敷地面積で何個分)

-面積換算算出式-   -29年度算出計算式-   -28年度算出計算式-
CO2削減量 1,878.4  t-CO2/年   1,874.7  t-CO2/年
森林のCO2吸収量 5.1  t-CO2/ha・年   5.1  t-CO2/ha・年
項目 桐生厚生総合病院
敷地面積 ㎡
単位換算
㎡→ha
面積でのCO2吸収率
t-CO2/年
個数相当
個/年
桐生厚生総合病院
③÷10,000 ②×④ ①÷⑤
29年度削減量 17,220  1.722  8.78  213.9 
28年度削減量 17,220  1.722  8.78  213.5 

※算定条件天然林広葉樹(20年生)の二酸化炭素吸収量 5.1t/ha・年
 出典:森林総合研究所HP 1年当たりの森林の林木(幹・枝葉・根)による炭素吸収の平均的な量
★平成29年度分で削減したCO2量は桐生厚生総合病院の敷地面積の約213個分を植林した場合に相当します。
 - 参考 - H27年度・221個  H26年度・213個  H25年度・191個  H24年度・179個  H23年度・173個

< 担 当 >

桐生厚生総合病院 管財課
TEL    0277-44-7142 (直通)
FAX    0277-44-7170
E-Mail shisetsu01@kosei-hospital.kiryu.gunma.jp

高効率貫流ボイラー(炉筒煙管ボイラーを更新)
ターボ冷凍機(蒸気吸収式冷凍機を更新)