各部門の紹介

食養科

はじめに

食養科は患者さまの栄養に関する業務に携わっております。入院患者さまの栄養管理を始め、疾患に合わせた食事内容や形態の選択方法の提案、栄養指導、経腸栄養剤の選択についての情報提供等を行っております。
「食事は病院での楽しみだ!」という声を聞く機会も多くあります。食養科では患者さまの治療に伴う様々な制限を守りつつ、楽しみの部分も感じて頂けるように患者さま一人ひとりに誠実に向き合っていきたいと考えております。病院食や食品等に関することでご不明な点がございましたら、是非管理栄養士までお声かけください。

 

栄養管理

・栄養指導
入院・外来患者さまを対象に栄養指導室で疾患などに合わせた食事の相談を実施しております。現在の食生活や嗜好、食事への思い等も伺いながら患者さまに寄り添って実施可能な方法をアドバイスさせていただきます。
栄養指導の実施時間スケジュールについては平日9時~17時半(最終受付16時半)までとなっており、30分~1時間程度を予定しております。栄養指導を希望される患者さまは外来受診時または入院中に主治医への相談をお願い致します。
・栄養評価
入院される患者さま全員の栄養スクリーニングを行い、栄養管理計画書を作成しております。また。栄養士による聞き取りや病棟スタッフからの相談にて可能な範囲での食事対応も行っております。

 

各種委員会・カンファレンス等

栄養サポートチーム(NST)
呼吸サポートチーム(RST)
褥瘡チーム
緩和ケアチーム
病棟カンファレンス など

 

給食管理

病院給食は入院中の患者さまの栄養状態の維持や疾患の治療のために重要なものです。献立は4週間のサイクルメニューとなっており、退院後の食事の参考にしていただけるよう栄養バランスや味付けに配慮しております。また、春と秋には嗜好調査を実施しており、患者さまの食事に関する意見をいただき献立の検討等に反映させております。
令和3年8月より富士産業株式会社に調理・配膳を委託しております。今後もより美味しい病院給食となるように、食養科スタッフ一同取り組んでいきます。