各部門の紹介

認定看護師紹介

認定看護師

当院では、スペシャリストの育成にも積極的に取り組んでおり各分野で活躍しています。

新生児集中ケア認定看護師

低出生体重児や疾患のある新生児の身体的ケアや、新生児と離ればなれとなったご両親の気持ちを支えるケアを実践しています。
新生児一人ひとりを尊重し、新生児やご両親にとって優しい看護を目指しています。
写真
赤石 洋子
写真
中井 美和子

感染管理認定看護師

病院全体の感染症の発生を監視し、医療関連感染を低減させるために活動しています。
他にも職員や患者さんの感染に対する指導や相談に応じています。
写真
大森 優子
写真
山田 あゆり

緩和ケア認定看護師

がんによる苦痛症状や気持ちの面にも配慮し、患者さんとご家族の抱える「からだの痛み」や「こころのつらさ」が少しでも和らぐように、そしてその人らしく日常生活が送れるように心身両面から援助しています。
写真
金子 直美
写真
五十嵐 千代子

皮膚・排泄ケア認定看護師

ストーマ・褥瘡・失禁に関するケアを専門的に行っています。
褥瘡対策チームでは院内での褥瘡発生を未然に防げるようスタッフと共に関わっています。
また、ストーマ外来ではストーマケアにおける悩みや相談に応じています。
写真
大谷内 千恵
写真
金井 美紀

がん化学療法認定看護師

主に外来化学療法室で活動しており、がん化学療法を受ける患者さんとその家族が、安心して治療が受けられるように、安全で確実な抗がん剤の投与管理や副作用対策を行っています。
また、患者さんが治療を続けながら日常生活を送れるように、支援しています。
写真
西場 里香
写真
太田 小百合

脳卒中リハビリテーション認定看護師

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師の専門性は、脳卒中急性期から維持期を見据えた総合的なケアとなります。
脳卒中は突然の発症ですから、何らかの障害が残る疾患でもあり、早期治療・早期リハビリテーションが大切です。
患者さんの意欲を引き出す心理的なケアと、日常生活動作に対する自立支援を他職種と連携を取りながら行っています。
写真
荒牧 恵子

救急看護認定看護師

地域の救急医療ニーズに応えて、状況に応じた救命技術を実践し、危機状況にある患者様・ご家族への精神面の援助を行います。
また幅広い救急看護領域の知識や技術に熟達し、緊急時に応じた的確な判断に基づいて確実な技術・看護を実践しています。
写真
奥村 佳恵

糖尿病看護認定看護師

糖尿病は生活習慣が主な原因の病気と言われています。そのため自己管理が必要な病気です。
一人ひとりの生活習慣をじっくり伺いながら、個々の生活にあった指導を行い、病気と生活の折り合いをつけ、合併症防止ができるよう支援を行っています。
写真
川崎 美智子

認知症認定看護師

認知症の人は、記憶をとどめておくことや環境の変化に対応することが少し苦手なため、入院生活により混乱を生じることがあります。
しかし、認知症を正しく理解しケアすることで、混乱を最小限にすることもできます。
患者さんが安心して治療を受け、なるべく早く元の生活の場に戻れるよう支援していきます。
写真
橋本 綾子
写真
金澤 典子
写真
清水 麻美

集中ケア認定看護師

生命の危機状態にある患者さんの病態変化を予測した重篤化の予防、二次的合併症の予防および回復のための早期リハビリテーションの実施をします。
重症患者さんとその家族を様々な側面からケアし、退院後の生活を見据えた看護を行います。
写真
岩澤 恵美