各部門の紹介

排尿ケアチーム

排尿ケアチームは、2017年5月に、排泄自立支援に向けた介入を行うことを目的に発足しました。泌尿器科医師、看護師4名、PT2名でチームを組み、週1回/木曜日に排尿ケア回診を実施しています。
具体的には、ADL状況を踏まえた尿道カテーテルの抜去時期の検討や、抜去後、神経因性膀胱などにより残尿過多になってしまう方に対する自己導尿や看護介入の方法の検討を行っています。必要な場合は泌尿器科が介入し、患者の排尿の悩みを一緒に考えていきます。
排尿で悩みのある患者さんがいましたら、お気軽に肺葉ケアチームに相談してください。