診療科目・医師の紹介

皮膚科

初診・再診AM岡田
中島
中島岡田
中島
中島岡田
中島
PM岡田
中島
-中島-岡田
中島

科紹介

皮膚は人体最大の臓器です。粘膜・髪・爪まで、あらゆる皮膚疾患の確かな診断は、まず皮膚科医の目でみることが第一歩です。そしてQOL(生活の質)を重視した治療を心がけております。そして疾患によっては外来診療に加え、各種の手術、他科と連携しての入院治療も行います。 代表的な皮膚病をあげれば、湿疹・皮膚炎(アトピー性皮膚炎、かぶれ、手の湿疹など)、蕁麻疹、皮膚のかゆみ、いろいろな感染症(水虫、トビヒ、ミズイボ、帯状疱疹など)、イボ・ウオノメ・タコ、皮膚腫瘍(良性から悪性まで)、虫や小動物による皮膚障害、薬疹、熱傷・褥瘡・小さな外傷、水疱症(天疱瘡、類天疱瘡)、乾癬(かんせん)などでしょうか。膠原病(全身性エリテマトーデス、全身性強皮症、皮膚筋炎、シェーグレン症候群など)やベーチェット病でも皮膚病変が出てきます。 スキンケアや加齢による皮膚変化についてもアドバイスいたします。皮膚に気になるものが生じたら、早めの皮膚科受診をおすすめします。 ※日本皮膚科学会 乾癬に対する生物学的製剤承認施設

筆頭部長紹介

  • 岡田 克之(おかだ かつゆき)「副院長」
    • 群馬大学医学部 1991年卒

      医学博士

      日本皮膚科学会 専門医

      日本褥瘡学会 評議員・褥瘡認定医師

      日本フットケア学会 評議員・フットケア指導士

      日本静脈経腸栄養学会 学術評議員・認定医

      日本環境感染学会 Infection Control Doctor(ICD)

     
    筆頭部長写真

医師紹介

  • 中島 瑞穂(なかじま みずほ)